FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっぴり真面目なお話。

未分類
07 /07 2012
4月に左の卵巣摘出手術を受けた、かーさん。
おかげさまで、その後の経過は順調で、
今現在は「ホントに手術したのかな~?」ってくらい、
痛みもなく、傷跡もほとんど分からないくらいになりました。
回復途中で逆流性食道炎・胃炎・蕁麻疹と
次々と不調が現れましたが、
そちらもお薬の力を借りて、回復しつつあります。

入院、手術の際、
ご心配頂いた皆様にはこの場をお借りして深くお礼申しあげます。


タイトルの「ちょっぴり真面目なお話」というのは、
かーさんが今回の手術で思いがけずに発覚した事実のことです。
今回の手術、かーさんが一応(?)嫁入り前の女性ということもあって、
妊娠の可能性を残しての手術でした。
術前の検査でも右の卵巣には異常は見当たらなかったので、
ほんの少しの不安は確かにありましたが、手術に踏み切ることが出来ました。
しかし、実際手術をして分かったこと。




コメント

非公開コメント

クラ&ダグママ

金沢の田舎で2匹のラブラドール
クラウス(15歳)・ダグラス(15歳)と
暮らすクラ&ダグママと申します。

2匹共々、よろしくお願い致します♪

2010年4月5日   
クラウス永眠しました 享年15歳
2019年1月31日
ダグラス永眠しました 享年15歳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。