FC2ブログ

迷い

未分類
04 /24 2019
201904240137314bc.jpeg

預かり継続中のクーちゃん。
日に日にわが家にも慣れ、ご近所さんにも知られ、
のんびりと日々を過ごしています。
クーちゃんがわが家での預かりとなったのには
これぞまさに「御縁」と言う繋がりからでした。
すっかり家族を魅了し、
このままウチのコに・・と言う話にもなりましたが、
わたしが踏ん切る事が出来ずにいます。
わたしの中でダグラスが最後のコだ!と言う思いの所為と、
もっと他に良い里親さんがいるのでは?と言う思いがあるからです。
まだまだ若いクーちゃんとの生活を
思う存分楽しんでくれる運命のお家があるはず・・と。
大切な命だからこそ、良いコで可愛いコだからこそ、
そう簡単に結論を出す事が出来ずにいます。

20190424013732f93.jpeg



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

クーちゃんはクラウスとダグラスがお世話になっていた
ドッグプールに通っている方の訓練士さん経由でお話が来ました。
それだけなら、そんなに・・?って私も思う所ですが、
訓練士さんのお名前を伺うと、
ダグラスが小さい頃、たった2ヶ月ではありましたが
お世話になった訓練士さんの所で、しかも、
親戚の家のワンコでダグラスのお尻を噛みまくっていた、
福ちゃんの訓練士さんだったのです。
しかもお話があったのが4月6日で、
ダグラスが生きていればちょうど15歳と6ヶ月と言う日でした。

クラウスやダグラスを迎えた時は私もまだ20代でした。
しかし40代の半ばになり、加えて両親も年をとりました。
自分の体力や健康はもちろんのこと、
この先の事を考えると、やはり簡単には結論が出ません。
当の本犬クーちゃんは、もうすっかりココん家のコだよねー
みたいな寛ぎっぷりで、今日も笑顔を振りまいて居りました(笑)

安易に考え、犬を飼うと言うのも問題ですが、
あまり色々考え過ぎてもダメなのかも知れませんね。
父からは「助けてやれるなら、助けてやろう」と言われ、
その気持ちだけで十分なのかも知れないとも思っています。

先日も知り合いワンコが旅立ち、
別れが続いていて寂しいです。
その後もアールパパさんのブログを拝見するたびに、
本当に幸せな犬生を全うしたんだろうな・・つくづく思います。
お空組は今頃何してるんでしょうかね・・


クラ&ダグママ

金沢の田舎で2匹のラブラドール
クラウス(15歳)・ダグラス(15歳)と
暮らすクラ&ダグママと申します。

2匹共々、よろしくお願い致します♪

2010年4月5日   
クラウス永眠しました 享年15歳
2019年1月31日
ダグラス永眠しました 享年15歳