名前の由来

クラ&ダグ
11 /18 2017
お友達の方がわが家の愛犬の名前について
自身のブログにて語っておられました。
その方のご希望?ご期待?には添えなかったのですが(苦笑)
当時を思い出して懐かしい気持ちになりました。

クラウスはじつは父が命名しました。
わが家のはじめての飼い犬と言うこともあって
なかなか名前が決まらなかったのですが、
父がトイレから出るなり『クラウス』はどうか?と言ってきました。
ビビッと来た私は「いいね〜👍」と即決(笑)
どうやらドイツの有名な指揮者の方から頂いたようです。

そしてダグラスは私が命名しました。
私の大好きな漫画?と言うには壮大な物語の本、
「ファイブスター物語」の剣聖ダグラスカイエンから頂きました。
剣聖と言うくらいですからとても強いのですが
強いだけではなく、この物語の中で1番人間味のある人物だと思っています。

由来って面白いですね。
猫達にもそれぞれ由来があるのですが、
クラウスやダグラスよりは安直に考えられたかも?です(笑)
小ちゃんが良い例です(苦笑)

当時を思い出して本当に懐かしい気持ちになりました。
こんな気持ちにさせてくれたbillmonさんに感謝です(^-^)


コメント

非公開コメント

主さんの思いがこもったお名前♡
時とともにしっくりと似合ってくるんですよね~
ほんと、由来って面白いですね。みなそれぞれに素敵です(*^_^*)

アールちゃんのブログに、ダグちゃんとクラウスくんが登場して、私もとっても嬉しかったです(´∀`*)
3ニン一緒の写真が残っていて良かったですね♡

クラウスくんは、有名な指揮者の方からでしたか~(*゚▽゚*)
音楽に関わるお名前でもありますよね。
billmonさ~~ん♪ (笑)

レスポンス有難うございます

愛犬にしろ新しい家族にしろ、その命名権が与えられるって楽しい事ですよね。
アーだ、コーだと考えが巡って。笑
私の友人は、子供(人間!)に自分の趣味のギターにヒントを得て?
弦と命名、しかし、 何とその息子は国際的ギターコンクールで見事優秀賞!獲得。
今は、フランスで活躍しているとか、、、。
PS;確かに猫に関しては、、、、
我が家の猫は、代々どんなのが来ても「ミー」でした。笑
白い猫(私が拾って来た)だけが「シロ」でしたが、、、。

マーガレットさんへ

もしかしてゲルマンの血が流れているのか
ドイツ語系の名前好きなようで父も私も!
以前の飼い猫にはシュナイダーと名付け、
これまたスッゴク賢い猫でいつも父と一緒に散歩していました。
じつはクラウスと名付ける前に
再びシュナイダーはどうかと父に尋ねたところ
シュナイダーは永久欠番だ❗️と言われました(苦笑)
そんなこともあり、父は必死に考えたようです。

最近、自身の記憶もなのですが(苦笑)
記憶ってけっこうあやふやで信用ならないものだと思う事が
多々ありまして、記憶より記録だ!と思っています。
書く事しかり写真しかり。
なので、billmonさんのようにしっかり写真を撮られて
それをきっちり活用されているのを拝見すると感心するばかりです。
何気ない毎日でも二度と同じ日はないのですから
やっぱり記録は大事❗️ですね(^-^)

Billmonさんへ

こちらこそ懐かしい気持ちにさせて頂き、
尚且つ久し振りに脳ミソをフル回転させてもらいました(笑)

友人の方のエピソードは
名は体を表す!まさにその通りとなったのですね!
弦、ステキなお名前です!
ワタクシ、昨今のキラキラネームだけはどうにも・・・(>_<)

とは言いつつも、猫のミケやクロ、
シロやチャトと言った定番?も外せない…(苦笑)
わが家も猫が多くなりすぎて
名前を考えるのがめんどくさくなってきたような。。。
小ちゃんなんて、保護して直ぐに行った病院で
先生が薬袋に書いたそのまま頂きましたから(笑)
大きい方→大 小さい方→小 ってね。
6番目だから→ロク 7番目だから→ナナ
それ以外にもアビシニアンだからあーちゃんとか、
鼻くそが付いてるように見えるからはなちゃんとか(汗)

犬の名前は必死に考えたのに、猫は…??
やっぱりこれは外で名前を呼ぶかどうか?の差なんでしょうか?
こんなところにも犬猫の違いがあって楽しいです(^-^)
(わが家だけかも知れませんが😅)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

ご連絡ありがとうございます(^-^)
お身体にお気をつけてお過ごし下さい。

クラ&ダグママ

金沢の田舎で2匹のラブラドール
クラウス(15才)・ダグラス(14才)と
暮らすクラ&ダグママと申します。

2匹共々、よろしくお願い致します♪

2010年4月5日   
クラウス永眠しました 享年15歳